教員紹介

<専任教員>

鵜飼 修(うかい おさむ)

地域共生センター 准教授

日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修了、博士(学術)。大手ゼネコンで設計、開発、まちづくり業務に従事後、2006年より現職。地域診断法とコミュニティ・ビジネスの手法を用いて、NPO活動の立ち上げ、運営、サポートなどまちづくり活動を実践。著書に「地域診断法 鳥の目、虫の目、科学の目」「3日でマスターできるコミュニティ・ビジネス起業マニュアル」など。

担当科目
・地域デザイン特論、地域マネジメント特論、サステイナブルデザイン特論、実践現場体感特別講義ⅠⅡ、コミュニティ・プロジェクトⅠⅡ、地域再生システム特論

 

上田洋平(うえだ ようへい)

地域共生センター 助教

担当科目
・地域再生学特論、地域イノベーション特論、成熟社会デザイン特論、コミュニティ・プロジェクトⅠⅡ、地域再生システム特論


<講義担当教員>
■成熟社会デザイン特論
成熟社会実現に向けた挑戦 目黒義和 (株)価値総合研究所主任研究員
成熟社会・少子高齢化社会におけるエンドオブライフ 糸島陽子教授
伝統文化の継承 武田俊輔講師
からだに問いかける 細馬宏通教授
近江の地域遺産 中井 均教授
若者の現状と〈支援〉 原 未来准教授
民俗学から考える成熟社会 市川秀之教授
村落福祉の社会学 丸山真央教授
地域における健康づくり 小林孝子准教授
健康の維持増進と栄養 奥村万寿美准教授
琵琶湖と地域社会 井手 慎司教授
高齢社会の住環境 宮本雅子教授
成熟社会に向けた多文化共生 河かおる准教授